千手堂はりきゅう指圧院

アクセスカウンタ

zoom RSS 痛みって辛い   東京八王子の千手堂はりきゅう指圧院

<<   作成日時 : 2016/12/01 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

刑務所の鉄格子の間から

二人の男が外を見た

一人は泥を眺め、

一人は星を眺めた



この文章は、院長村山が高校生の時に、

デールカーネギー氏の、「道は開ける」という本を読んで

出会いました。

中学から大学出た後までずっと僕は全身が強烈に痛くなって

しまう病気になってしまい、青春時代は暗い影を落としました。

体が温まったり、緊張したりした時、その他訳もわからず

頭から足まではりでつっつかれたような激痛が出るのでした。

チクチクする痛みが明るかった性格を無口にしていきました。

お風呂もちゃんと入れない。満員電車など痛みがすぐ出る。

人生どうなってしまうのだろう。

将来これではまともに働けないぞ。

お先真っ暗。もはやこれまでか。。。


どん底の時に、デールカーネギー氏や謝世輝氏の本を読みました。

最悪な状況にならなかったのは、元気になりたいという強い思いと、

星を見つけるようにしていたのかもしれません。


この痛みにも意味があるのだ。

病気を知らない自分でずっといれば、人の痛みが分からない

鼻持ちならない自分でいただろう。

自分を基準にして劣っている人を見て、怠けている、

能力がないといってすぐ批判してしまう人間でいたかも

しれない。



病気で、本当にがんばりたくても涙が出るくらいつらい人がいる

ことも知っていますし、そういう方の気持ちも分かります。



きっと自分は人みたいに楽しい学生時代は送れなかったけど、

この経験は、すごく自分を成長させてくれた。


時を経てそういうように思えるようになりました。


千手堂はりきゅう指圧院のホームページ上にも少し書いて

いますが、後に鍼灸マッサージ治療や他のことも

試みて、ほとんど症状が出なくなりました。



でも、家族にも言ってないのですが、今もストレスが長く続くと

あやしい時があるし、また症状がでてしまった悪夢を見て、

汗をかいてしまい目覚めることが度々あります。

まだ僕の闘いは終わっていません。

自分で自分に毎日鍼を打っているのは、再びあの痛みの地獄を

味わいたくないという思いもあります。



今も病気と闘っている方、難病に苦しんでいる方が世の中

大勢いらっしゃると思いますが、なんとか星を見ていただ

きたいです。

他人と比べてではなく、病を乗り越えた先は前の自分よりも

成長して人に優しくなり、心身は強くなっているはず。

どうか前向きに負けないでいただきたいと切に

願います。



病気の予防・治療に定期的に来院されることをおすすめいたします。

お悩みの症状、東京八王子の千手堂はりきゅう指圧院にご相談ください。

↓千手堂はりきゅう指圧院 公式ホームページ

http://www.senjyudou.com/




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
痛みって辛い   東京八王子の千手堂はりきゅう指圧院 千手堂はりきゅう指圧院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる