千手堂はりきゅう指圧院 スタッフ ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の間に秋冬の体調の予防を!

<<   作成日時 : 2009/08/06 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

中国には「冬病夏治」という言葉があります。

夏のうちに冬の治療を始める、というような意味です。

わかりやすいイメージとして、
秋冬には体力が落ちてしまいがちで、
体調を崩してしまいがちですが、

夏の元気なうちにパワーを蓄えて、
その余力で秋冬を乗り越えよう、

というような古くからある考えです。

実際、中国の鍼灸整体院では、夏に混みあう光景が見られるとの事です。
持病の症状の軽い人や、体調を崩していない人までもが
夏の間に秋冬の予防をしよう、と訪れる習慣があるのです。

秋になると毎年体がだるくて思うように動けない、というような方、や、

冬になると、夏の間は治ったと思っていたはずがまた再発するというような方、などなど・・・。

しまった!と思う前に体のバランス、体調を整えておきましょう。

健康なうちに予防をするほうが
体の負担も少なくて楽に体質改善する事が可能です。

(体質や生活習慣・症状の軽重により治療にかかる時間・回数などは
異なります。ご相談ください。)

夏のケアで、秋冬を過ごしやすくしましょう!

(以上 村山 早苗 コメント)



病気の予防・治療に定期的に来院されることをおすすめいたします。

お悩みの症状、千手堂はりきゅう指圧院にご相談ください。

↓千手堂はりきゅう指圧院 公式ホームページ

http://www.senjyudou.com/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
腰痛がひどい場合、鍼と指圧どちらをした方がいいですか‥?
美保
2009/08/23 17:48
コメントが大変遅くなりすみませんm(__)m
腰痛は・・・
●急性で痛みがひどい場合は、どちらかと言えば、
 痛みに対して即効性のある鍼が向いていると言えま  す。
●慢性の場合や骨のゆがみなどの場合はどちらかと言え ば指圧・マッサージで筋肉をほぐす事が向いていると 言えるでしょう。
・指圧も痛みに対しても効能があります。
・鍼も(自己回復力に働きかけて)筋肉をほぐす事やゆ がみを整える事もできます。
★中国医学では気の流れさえよければほとんどの病気・ 症状を改善できるという考え方をしています。
★鍼も指圧も気の流れを良くし、体のバランスを整えま す。
★よって鍼でも指圧でも好みや受ける方の感覚の差はあ るかもしれませんが理論としてはどちらも有効です。
スタッフ
2010/01/25 11:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の間に秋冬の体調の予防を! 千手堂はりきゅう指圧院 スタッフ ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる